Return to site

仙台コンサート

3月7日 フレームドラムコンサート in 仙台

サウンドアーティストのサラさんに、仙台でのドラムコンサートをオーガナイズして頂きました。

以前より気になっていて、とうとう繋いで頂けることになった仙台とのご縁。とてもありがたく、楽しみです。どうぞよろしくお願いします。

そしてコンサートのオープニング・サウンド・セレモニーとして、富田しょうさん&サラ・ユニフィさんお二人の演奏をして頂けるという何とも贅沢な状況となっております。

お二人から発せられる愛と調和の響きの細やかさを体験して頂きたいです。
ホームページからも感じて頂けると思います。

富田しょうさん https://www.eighthlite.com

サラ•ユニフィさん https://www.uniphis.com

3月7日の夜です。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
以下はサラさんより

魂を解放するアーティスト 大橋 翔

京都を中心として全国で演奏活動する大橋 翔、初の仙台コンサートを開催します。


世界中を旅して辿り着いた、古代オリエントのエッセンスを受けて演奏されるフレームドラムの響き。どこか懐かしくて美しいその音は、心と身体の奥深くまで浸透し、意識を広げ、あらゆる制限を超えて、魂を解放します。

この満月のようなフレームドラムの奏でる倍音に合わせて発せられる声との共演は独特のヴァイブレーションを放ち、唯一無二の世界観は日本各地の演奏で高く評価されています。この機会にぜひ体験してください。


当日は富田しょう & サラ・ユニフィによるオープニング・サウンド・セレモニーもお届けします。愛と調和の音のひととき、ぜひご一緒しましょう。


【プロフィール】 魂を解放するアーティスト 大橋 翔 (Kakeru Ohashi)

シルクロードの旅の途中で太鼓と出会いその後世界各地の太鼓を学ぶ。古代オリエント起源の楽器フレームドラムに惹かれ、その幽玄な響きの中で歌うことで異なる時空が開くことを発見し独自の表現を始める。トルコやイランにて現地の音楽を学び帰国後に雅楽の龍笛を始める。天界を地上にあらわす芸術として即興演奏による活動を続けている。


【フレームドラムとは】 メソポタミア、シュメール、エジプト、ペルシャなど古代オリエント諸文明で広く神事などに用いられた倍音が神秘的な太鼓。指で触れ、風のように繊細に月のように優しく響く。現在もシルクロード周辺の国々で奏でられている。


【演奏会について】 ドラムの響きは細胞の奥の記憶を揺さぶり、意識が普段の枠を超えて広がります。そのような状態で受け取るインスピレーションをお楽しみ下さい。


日時:2019/3/7(木) 18:30 - 20:30

料金:3000円

会場:青葉区中央市民センター 和室


ご予約は「参加する」ボタンを押すか、メッセージ、メールにて参加人数をご連絡ください

love@uniphis.com


10分前開場、料金は当日受付にてお支払いください

和室での開催となりますので、座りやすくリラックスできる服装でご参加ください(ひざ掛けなど必要な方はご持参ください)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly