Return to site

Hawaii island Framedrum&Dance Celemony Retreat ハワイ島フレームドラム&舞い 祭祀合宿

Details coming soon..

 

 

ハワイ島に長年住んでいる方が僕のフレームドラムを気に入ってくれて、習いたい、来てほしいと言ってくれたご縁から、今回のリトリートの企画が生まれました。

 

 

普段フレームドラムクラスの最後に、リズムを奏で歌いステップ踏みながら周ったり楽しいセレモニーのような時間があるのですが、みんなその時間がとても好きで、ずっとやっていたいと感じてくれたりしていて。

 

 

皆が好き勝手に自由にやっていても何か自然に揃ったり自然に一つの流れにまとまっていく。まるでひとつのいのちのよう。右脳モードのその状態では悩み事がなかったり不足感も欠乏感も分離感もなかったり、左脳的な意識状態と全然違うのです。

 

 

世界と繋がりあっている体感、これが真実だと当たり前に知っている感覚、ランナーズハイだとかこういった意識状態というのは誰もがふとした時に体験したりしていると思うのですが、大抵はその真の意味はあまり自覚されずに、

 

また普段の左脳優位の意識に戻った時に左脳的世界観の中にしまい込まれ、分離したその世界だけが現実であると思いがちです。

 

分離したこの世界においてたまに不思議な体験をすることがある、という風に捉えることが多いようです。

 

 

 

でも本当はもっと何か、あるはず。

何かもっと違う世界があるはず..という風になんとなく感じている人も多いと思います。

 

 

僕の感覚はその逆です。

繋がりあっている世界、満たされている次元こそが真のリアリティであり、分離感や悩みや苦しみなどはすべて幻想だと感じています。

 

満たされている世界の私たちは、肉体に宿って仮想的な分離の世界に浸って様々な感情や体験をリアルに味わうことができる。

 

 

 

 

最近はフレームドラムクラスでも少しずつそのようなことをお伝えしているのですが、クラスだと短い時間なのでどうしても、ちょっと垣間見るだけ、みたいな感じ

 

 

 

ハワイ島でのフレームドラム合宿ではそんな意識のことなども含めてじっくりと感じ取ったり、本当に自分が感じていること、感じたいこと、本当にしたい生き方、そしてそれは可能だということ

 

いつもよりずっと遠く離れた所から

いつもと違う気分から

感じて

 

じっくりと落とし込んで馴染ませていける、そんな機会になると思います。

 

 

 

 

 

 

満たされている次元の私が

体を持ったこの自分から溢れ出て流れていく

 

そんな場を僕は祭祀と捉えています。

僕は主に音の響きや歌を通してそれをやっています。

 

 

ハワイ島の自然の中でも、喜びの次元にいる私達自身と繋がる、自由で新しい祭祀を一緒に創っていきましょう。

 

 

朝焼け夕暮れのビーチ、星空の下でキャンドルと共に、いろんなシチュエーションでのセレモニー、内なる深い静寂と喜びのイメージ膨らんできます。

 

 

集まる人の得意なことをのびのびと活かしてもらいながら、ゆったりゆるみながらハートは熱く、数日間を共に生きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイ島フレームドラム祭祀合宿

 

日程: 2020年 2月~3月頃? (まだ計画中)

※ご要望などあればお気軽にご連絡下さい

 

期間: 3泊4日くらい

場所: ハワイ島のコナ辺り

 

参加代: 検討中(なるべく参加しやすい価格で)

交通費、宿泊費、食費

 
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly